インバーターに必要になるReactive Powerの注入や消費

ここ数日かけて、分散型電源の増加に伴って、インバーターに必要になるReactive Powerの注入や消費に関する新しい機能について深く勉強。
なかなか奥が深い。
なお、日本では、Reactive Powerは「無効電力」と訳されるが、元々のニュアンスは、「反作用として帰ってくる電力」とか、「回帰する電力」とかの意味になる。
この「行き来している電力」は、電力網の品質維持にとても大事である。
こちらの日本電気技術者協会のサイトが分り易い。